HUMANMEDIA

日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース』

株式会社ヒューマンメディア
東京都港区南青山2-4-6-201
〒107-0062 / TEL 03-3475-5377
概要/特徴
ご購入フォーム
日本のコンテンツの海外市場
世界のメディア×コンテンツ市場
出典統計リスト

2019年版
発売中



企業情報
 

日本のコンテンツの海外市場


【国内市場の動き】:人口減少期に入っても、2010年代は毎年成長を継続、2017年に映像・音楽配信、スマホ向けゲーム等のオンラインメディアが放送と同規模に拡大。
2020年には、映像・音楽ソフト、印刷出版等のパッケージを超え、シェアNo1になると予測。


・日本社会は2010年代から人口減少期に入り、少子高齢化が一層進むが、メディア×コンテンツ市場は2011年から毎年成長を続け、2017年には12兆7,757億円となった。今後、2019年に約13兆円に達して、2020年を迎えると予測される。
・メディア別では、映像・音楽配信、スマホ向けゲーム、電子出版等のオンラインメディアが拡大して、2017年に約29%、3兆6,824億円となり、3兆6,680億円のテレビ・ラジオの放送の規模と並んだ。2020年までには映像・音楽ソフト、印刷出版、新聞等のパッケージメディアを超え、シェアNo1のメディアになると予測される。(資料1
・国内でメディア×コンテンツ産業が直接波及する関連市場の総計は約52.5兆円、日本のGDPの10%と推計。メディアコンテンツ市場のみでファッション(衣料品10兆5,843億円)を上回り、建設投資額約54兆円に迫る。

 ◆【日本コンテンツの海外進出の動き】:日本コンテンツの海外市場は7年間で2倍、2017年に1.7兆円に。
2020年には、アニメ、ゲーム、マンガを中心にこの規模を維持すると予測。

・日本から輸出され、海外で消費された日本コンテンツの市場規模は、2011年に8,653億円であったが、2017年には1兆7,196億円と倍増、2020年までこの規模を維持すると予測。(資料2
・分野別では、最も規模が大きいのはアニメ、次いでスマホ向けゲーム、続いて家庭用ゲームソフトとマンガの出版が並ぶ。 

ご購入・お問い合わせはこちらから
個人情報保護指針
TOP PAGE